明日君いない

スポンサードリンク

明日君いないがいないとと思うとどんなに寂しいことだろう

明日君いないとわかったとき、僕は、どんなことをするのだろう・・・

明日君いないと知ってしまったとき、僕にはどんな、

悲しみが・・・待っているのか???

本当に明日君いないとわかったこの瞬間・・・

世界がなくなったかのように、僕は明日君いないことを悟るのか・・・

本当の君は???

明日君いないなんてうそだよね???

もし本当に明日君いないなんてことがあるなら、ぼくがぼくじゃなくなるよ・・・

ああもう本当に明日君いないなんてこと考えたくないよ・・・

そんな感じのことが僕いがいのほかの人でも、おこるのかな??

明日君いない悲しみをわかる人が何人この世の中にいるのか???

はたまた、明日君いないことに何にも感じない人なんかがいるのだろうか???

そんな明日君いないことわ身近に起きる事背は無いのか??

ああ、もうひがくれるね、そろそろ僕も家に帰らなくちゃ・・・

明日君いないこの家に・・・




皆さんこんにちは、とある詩のひとつなんですが、

「明日君いない」

という少し変わった詩なんですが皆さんには、

どうゆう感じに捉えられました???

僕はこのしの僕は彼女に振られて落ち込んでるように思えてきました><

詩の内容は意味不明なのですが、

この意味不明な詩がまたなかなかいい感じだと僕は思うのです??

皆さんはどうでしょう???

ところで僕にも付き合っていた彼女に振られたときには、

家にはあまり帰りたくなかったような気がします><

やっぱりいつも一緒にいた人がいなくなると本当にさびしいですよね><

ここのところは喧嘩も無く穏やかなのですが・・・

いざ喧嘩になるともうしゅうしゅうがつきません><

何度も別れそうになるんですが僕がいつも折れます><

明日君いないとの話とはぜんぜん違いますが、最後まで日記読んでいただき、

ありがとうございました^^

スポンサードリンク


selected entries
categories
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM